ひまし油湿布 方法


 





   用意するもの(写真左より) 





   ●サランラップ(クレラップ)


   ●ひまし油


   ●フランネルの布 



   ●温熱ヒーター
フランネルの上にラップをずらして二
重にします。





四方を少し内側に折り曲げておきま
す。




表に返して、ひまし油をフランネルの
上面に垂らします。


この時中央部だけに垂らします。
ひまし油はすぐ広がって行きます。
垂らす量は500ml容器の場合、
4分の1弱程度です。
これをたたみます。

全体を二つに折り、三方のラップ部
は内側に折り返してもれるのを防ぎ
ます。
温熱ヒーターの上にのせます。
バスタオル類でくるみ温めます。
毛布や布団の中に入れて温めても
結構です。
温まったら湿布を広げて、右わき腹
の上に巻くように乗せます。(どのよ
うな時も、右わき腹にするのが基本
です。)

一人で行う場合は、立った姿勢が
やり易いです。
下部のラップがまくれていないか注
意してください。
下着をかぶせてその上にヒーターを
当てそれを固定ベルトで巻きます。
あお向きになり、リラックスして1〜1.
5時間程度過ごしてください。
キリスト(あるいは・・・様)の御手で
包まれているとイメージするとさらに
効果的です。

これより短い時間でもそれなりの効
果はあります。


終ったら肌についたひまし油は重曹
を溶かした温湯で拭き取るときれい
にとれます。
効果的なローテーションについて

◎3日続けて行い、3日目に終ったら寝る前にオリーブ油を大さじ1杯飲む
その後4日間休む(これで1週間)
◎4週間続けて行って4週間休む

これをくり返す

※福田高規治療室配布資料を参考にしてあります
 これらの用品は当治療院にて販売もしております。商品案内のページをご覧ください。


さらに詳しい事はワークショップでどうぞ。